「よりそうお葬式」は定額・追加料金不要。しかし、例外もあります!

よりそうお葬式
  • URLをコピーしました!

「よりそうお葬式」は多くの場合、定額プランを提供し、追加料金を請求しません。しかし、ある状況では例外もあります。また、葬儀の準備や遺族の希望によって、追加のサービスや特別な要望が生じることがあり、それに伴い追加料金が発生することがあります。

この記事では、「よりそうお葬式」の基本的なサービスや料金体系について詳しく解説し、どのような場合に追加料金が必要になるのかについてご説明します。そして、遺族が安心して葬儀を進めるためのポイントをお伝えします。


目次

「よりそうお葬式」は、プランごとに定額料金

よりそうお葬式

「よりそうお葬式」は追加料金不要、しかし注意が必要

「よりそうお葬式」は、プラン料金以外に追加料金がかからないことを売りにしている葬儀社です。プラン料金には、葬儀場や斎場、棺や骨壷、祭壇や料理など、葬儀に必要な基本的な費用が含まれています。

しかし、追加料金が発生しないのは、プラン料金に含まれる内容に限られます。以下のような場合、追加料金が発生する可能性があります。

  • 火葬料金
  • 会葬御礼や香典返しの返礼品代
  • 通夜振舞や精進落としの飲食代
  • 宗教者へのお礼(お布施)
  • 亡くなってから葬儀までの日数が規定を超えた場合
  • プラン内容に含まれないサービスを希望した場合

また、オプション料金として、以下のようなサービスが用意されています

  • 遺影写真
  • 搬送超過料金
  • ご安置追加料金
  • ラストメイク
  • 古式湯かん
  • 湯かん
  • マイクロバス
  • 霊柩車

これらのオプションを利用する場合は、追加料金が発生します。

「よりそうお葬式」は、プラン料金以外に追加料金がかからないことで、葬儀費用を安く抑えることができます。しかし、追加料金が発生する可能性があることには注意が必要です。

以下に、追加料金が発生する可能性を減らすための注意点をまとめます。

  • プラン内容をよく確認する
  • オプションを必要に応じて利用する
  • 火葬料金は別途必要であることを認識する
  • 会葬御礼や香典返しの返礼品代、通夜振舞や精進落としの飲食代、宗教者へのお礼(お布施)は、別途準備する

「よりそうお葬式」を利用することで、葬儀費用を安く抑えられる可能性があります。しかし、追加料金が発生する可能性もありますので、注意が必要です。

「よりそうお葬式」の定額プランについて

「よりそうお葬式」の定額プランは、いくつかの特徴があります。

まず、各葬儀プランごとに、葬儀の内容と費用が明瞭に提示されています。これにより、遺族は追加料金の心配なく、予算内で葬儀を行うことができます。火葬料や施設使用料、葬儀の基本的な手配や手続きなどがプランに含まれていると考えられます。

また、「よりそうお葬式」では、明確な価格設定が行われ、各プランに定額料金が設けられています。これにより、葬儀費用の透明性が高まり、遺族は安心してプランを選ぶことができます。

ただし、プランによっては、枕飾りや遺影写真、自宅飾り一式、焼香などがプラン内に含まれていない場合もあります。その場合、追加料金を支払うか、遺族自身がこれらのアイテムを手配する必要があります。遺族が葬儀の細部を検討する際には、この点に注意が必要です。

「よりそう火葬式」の3つの定額プラン

よりそうお葬式:シンプルプラン

最もシンプルで、費用を抑えた火葬式です

故人さまをお預かり安置後、火葬場にお連れし火葬を行うシンプルなプランです。
面会も省略し、最も費用を抑えることができます。

このような方に選ばれています

  • お通夜・告別式は省略し、火葬のみを行いたい
  • できるだけ費用を安く抑えたい

よりそう火葬式:面会プラン

安置中、故人さまと安置室で最後の面会ができる火葬式です

ご火葬前に、安置室にて1時間ほど面会ができます。
お通夜・告別式は不要だが、最後のお別れの時間が必要な方におすすめです。

  • お通夜・告別式は省略し、火葬のみを行いたい
  • 安置中に面会し、故人と最後のお別れをしたい

よりそうお葬式:自宅安置プラン

ご自宅に故人さまをご安置し、最後の時間を過ごせる火葬式です

ご火葬までの間、落ち着けるご自宅で故人さまをご安置し、
最後の時間を、ご家族で一緒にゆったりと過ごすことができます。

このような方に選ばれています

  • お通夜・告別式は省略し、火葬のみを行いたい
  • 火葬まで、故人に自宅でゆっくり過ごしてほしい

火葬式プランの比較表

シンプルプラン面会プラン自宅安置プラン
イメージ写真   シンプルプラン面会プラン自宅安置プラン
価格通常価格 91,000円税抜 (税込100,100円) 事前資料請求等
で1.5万円割引 76,000円税抜 (税込83,600円) ※お申込み前日までに、資料請求とあんしん準備シート記入した割引適用後価格 [会員限定]
通常価格 150,000円税抜 (税込165,000円) 事前資料請求等
で1.5万円割引 135,000円税抜 (税込148,500円) ※お申込み前日までに、資料請求とあんしん準備シート記入した割引適用後価格 [会員限定]
通常価格 150,000円税抜 (税込165,000円) 事前資料請求等
で1.5万円割引 135,000円税抜 (税込148,500円) ※お申込み前日までに、資料請求とあんしん準備シート記入した割引適用後価格 [会員限定]
ご安置方法預かり安置
(面会なし)
預かり安置
(面会あり)
自宅安置
お別れ時間火葬場での3~5分程度ご安置中の面会1時間程度出棺まで一緒に過ごせる
ドライアイス2日分3日分3日分
ご搬送お迎え搬送距離
20kmまで
お迎え搬送距離
50kmまで
お迎え搬送距離
50kmまで

「よりそう家族葬」の3つのプラン

よりそう家族葬:一日プラン

お通夜を行わずに、告別式を一日で行います

お通夜を行わずに、告別式を一日で行う「一日葬」とよばれる新しい形式のお葬式です。
お葬式は行いたいが、お通夜がご負担になるという方におすすめです。

このような方に選ばれています

  • お通夜は不要だが、お葬式は行いたい
  • 参列者の体力面の負担を減らしたい

よりそう家族葬:二日プラン

ご家族中心で小規模の”お通夜・告別式”をしっかりと行います

お通夜・告別式を二日間にわたって執り行うプランです。
ご家族や親しいご友人と、最後の時間を気兼ねなくお過ごしいただけます。

このような方に選ばれています

  • 家族や友人と温かなお葬式をしたい
  • 心ゆくまで、お通夜で故人との時間を取りたい

よりそう家族葬:華やか二日プラン

ご家族中心で小規模の”お通夜・告別式”をしっかりと行います

お通夜・告別式を二日間にわたって執り行うプランです。
ご家族や親しいご友人と、最後の時間を気兼ねなくお過ごしいただけます。

!お葬式の内容は二日プランのまま、生花祭壇を約1.5倍にボリュームアップしました

このような方に選ばれています

  • 家族や友人と温かなお葬式をしたい
  • たくさんのお花で華やかに見送りたい

プランの内容は、詳しいパンフレットで確認することができます

「よりそうお葬式」の定額プランについての詳細情報をご紹介します。

「よりそうお葬式」では、シンプルな葬儀プランが用意されています。その中でも、主要なプランとして「よりそう火葬式」と「よりそう家族葬」が提供されています。これらのプランには、以下の3つの定額プランが用意されており、それぞれ異なる内容が明確に示されています。

プランに含まれるサービスとしては、火葬料や施設使用料、葬儀の基本的な手配や手続きなどが考えられます。各プランは明確な価格が設定され、遺族は予算に合わせて選択できます。また、追加オプションとして、枕飾り一式や焼香用具、白木位牌、後飾り祭壇なども利用可能です。

詳細なプランの内容や価格については、「よりそうお葬式」の公式ウェブサイトやパンフレットで確認することができます。遺族がニーズに合わせて最適なプランを選ぶ際には、この情報を参考にすることがおすすめです。

詳しいパンフレットの入手方法

「よりそうお葬式」について詳細な情報を入手する方法についてご紹介します。

詳細な情報は、ホームページ上で確認できますが、パンフレットを手に入れることで情報をより分かりやすく把握できます。パンフレットは「よりそうお葬式」に資料請求することで入手でき、通常2~3日で郵送されます。このパンフレットは、全体の概要を把握するのに役立ち、重要な情報を印をつけたり、書き込んだりするのに便利です。

資料請求をすると、5000円の割引が適用されるだけでなく、「よりそうお葬式」のオリジナルエンディングノートも受け取ることができます。これは、葬儀を検討する際に大変役立つ資料です。

「よりそうお葬式」を検討している方は、ぜひ資料請求を検討し、詳細な情報を手に入れてください。

また、支払いや詳細な内容を知るためにも、資料請求をぜひおすすめします。

よりそうお葬式に資料請求する
※資料請求後に、よりそうお葬式から勧誘めいた電話などは一切ありません。

追加料金が発生する具体的なケースについて

追加料金が発生する事情について、具体的なケースを紹介します。

1)自宅から遠距離にある病院からご遺体を搬送する


遠距離からのご遺体搬送に関連する追加料金について、以下のポイントをご説明いたします。

遠距離搬送による追加費用: 自宅から遠距離にある病院からご遺体を搬送する場合、搬送距離や搬送時間帯によって費用が異なります。例えば、「よりそうお葬式」では、搬送距離を50キロメートルと定めており、この範囲内では定額料金に含まれます。しかし、50キロメートルを超える場合、追加料金が発生することがあります。搬送距離が遠い場合、その分費用が増加することに留意が必要です。

特別な手配や手続きによる追加費用: 遠距離からのご遺体搬送には、場合によって特別な手配や手続きが必要なことがあります。例えば、遠隔地での火葬手続きや葬儀式の実施などが挙げられます。これらの特別なサービスや手続きが必要な場合、それに伴う追加料金が発生することが考えられます。遺族は、遠距離搬送に関する詳細な費用や手続きについて、葬儀プラン提供者と十分な打ち合わせを行うことが大切です。

遠距離からのご遺体搬送において、これらの要因を考慮し、遺族が予算を適切に計画することが重要です。より詳細な情報や料金については、葬儀プラン提供者との相談をお勧めします。

2)亡くなってから葬儀まで日数がかかった

亡くなってから葬儀までの経過日数が長くなる場合、追加料金が発生する可能性がある点について詳しく説明します。

遺体の保管費用: 特に冬季などは亡くなる方が増え、斎場や火葬場の予約が混雑しやすくなります。そのため、葬儀までの日数が通常よりも長くかかる場合があります。このような場合、遺体を適切に保管する必要が生じます。遺体の保管にかかる費用は、日数が長くなるほど増加することがあり、追加料金が発生する可能性があります。予め遺族と葬儀プラン提供者との間で保管費用についての調整を行うことが重要です。

ドライアイスの追加費用: 葬儀までの日数が延びる場合、故人の体を適切に保つためにドライアイスが必要になることがあります。ドライアイスは遺体の保存に使用され、日数が長くなるほど追加のドライアイスが必要となり、それに伴う追加料金が発生することが考えられます。予め葬儀プラン提供者と相談し、ドライアイスの追加費用について明確に了解しておくことが重要です。

遺族は、葬儀までの日数を考慮し、追加料金についての説明や合意をしっかりと行うことで、スムーズな葬儀の進行を確保できます。

3) 葬儀の当日になって参列者の人数が想定よりも増えた

葬儀の当日になって参列者の人数が想定よりも増えた場合には、その分の追加料金がかかることがあります。葬儀会社は、事前に参列者数を確認し、その数に応じたプランを提供することが多いですが、当日になって急に参列者数が増えた場合には、追加料金が発生することがあります。追加料金の金額は、参列者数によって異なります。

また、参列者数が増えた場合には、飲食費や返礼品の代金が増えるため、その分の費用が追加で必要になることがあります。具体的な追加料金の金額や詳細は、葬儀関連会社やよりそうお葬式の公式ウェブサイト、パンフレットを確認することで詳しく知ることができます。

4)故人の体が痛んでいるとき

故人の体が痛んでいる場合、葬儀における追加料金について詳しく説明します。

特別な手配や手続きによる追加費用: 故人の体が痛んでいる場合、遺体に対する特別な手配や手続きが必要になることがあります。たとえば、故人の身体の処置や特別な棺の用意が含まれます。これらの特別な手配に伴い、追加料金が発生することがあります。葬儀プラン提供者と相談し、具体的な手配とそれに伴う追加費用について確認しましょう。

特別な葬儀プランの利用による追加費用: 故人の体が痛んでいる場合、その状態を補うために特別な葬儀プランを利用することが考えられます。たとえば、故人の身体を美しく見せるための特別な化粧や衣装、エンバーミングなどが含まれます。これらの特別な葬儀プランを選択する際には、追加料金が発生することがあります。葬儀プラン提供者と協議し、特別なプランの詳細と追加費用について明確に了解しましょう。

追加料金の金額や詳細については、葬儀関連会社や「よりそうお葬式」の公式ウェブサイト、提供されるパンフレットを確認することで詳しく知ることができます。故人の状態に応じて適切な葬儀プランを検討し、追加費用について透明性を持った取り決めを行うことが重要です。

まとめ:「よりそうお葬式」は定額・追加料金不要。しかし、例外もあります!

「よりそうお葬式」の定額料金は、葬儀費用の透明性と安心感を提供していますが、留意すべき点も存在します。

特別な要望やオプションがある場合、追加料金が必要となることがあります。また、遠方の葬儀場を利用する場合や特殊な状況下では、追加費用が発生する可能性も考慮すべきです。

定額料金を選ぶ際には、契約内容と提供されるサービスの範囲を明確に確認しましょう。また、葬儀の計画には時間がかかることがあるため、余裕をもって計画を進めることが肝要です。

自身や家族の希望を伝え、詳細な事項について相談することで、感動的な葬儀を実現することができます。何よりも、故人への敬意と感謝の気持ちを大切にし、心からのお別れを迎えましょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

曾祖父・祖父が神道のお仕事をしていました。 
そのため幼少期から伊勢神宮の裏山に住み、神道や仏道に親しんでいます。